バナー

住宅ローンをFPに相談するタイミング

住宅ローンをFPに相談をするタイミングですが、できるだけ早いほうがいいでしょう。
住宅ローンの相談をFPにするメリットは、人生設計やライフプランにあわせた適切なローンを組むためのアドバイスをしてもらえるということです。


具体的には、いくらのローンを組めばよいのか、月々の返済額はいくらくらいが適切か、変動金利と固定金利のどちらがよいか、金融機関はどこにすればよいか、ローン審査に通るためにはどうすればよいかなどをアドバイスしてもらえます。


そのため、すでに購入する物件を決めて、審査に申し込む直前で相談をしてしまうと、もしも決めた物件やローンが適切ではなかったとしても、また物件やローンを1から選びなおすことに抵抗があって、多少の問題があっても住宅購入を決めてしまうということも多いようです。



これでは、せっかくお金をかけてFPに相談した意味がありません。

All Aboutのお役立ち情報を公開しています。

早い段階でプロに相談をして、そのアドバイスに従って、物件を選び、住宅ローンを借りる金融機関を選ぶというのがよいでしょう。

そのため、「そろそろマイホームを購入しようか」と考え出したら、FPに相談をすることを検討することがお勧めです。

手続きが進めば進むほど、後戻りをすることが難しくなっていきます。

後になってからFPに相談をして、「契約を見送ったほうがいい」とアドバイスをうけた場合、それまでかけた時間が無駄になってしまいます。

住宅ローンのFP情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

もっと悪いのが、「止めたほうがいい」とアドバイスを受けたのに、契約を続行してローン破綻してしまったり、苦しい生活を送ることになるケースです。

相談を受けるなら、計画段階で受けておきましょう。